築20年目のドアハンドル | ミナモト建築工房

    Blog Link

築20年目のドアハンドル

2020年06月26日

こんにちは、綱島です。

 

 

我が家は、当時在籍していた建築会社で建てて、

 

はや築20年超え。

 

 

 

 

玄関戸のドアハンドルがかなり傷んで壊れかけの状態に・・・。

 

そこで先日、建具屋さんにお願いして新しいものに交換してもらいました。

 

 

 

元々取り付いていたハンドルの穴を利用するので、選択肢は限られてきますが、

 

今回はバー部分が木製のハンドルにしました。

 

 

これまでは、ステンレスの鏡面仕上げのハンドルで、

 

かなりスタイリッシュな感じでしたが、

 

新しいハンドルは、持ち手が木製になることで、柔らかい印象に。

 

 

 

 

妻や娘は、前のほうが見た目がカッコよかった…と言ってますが、

 

私としては、握った時の触感が、冷たい金属よりも木製のほうが気に入っています。

 

(せっかく替えるなら、前とは違うモノのほうが良いですし…)

 

 

 

 

ドアハンドルひとつ、細かいディテールひとつで、

 

家の雰囲気は変わるので、面白いですね。

 

 

 

 

 

→ ■綱島の施工例はこちら


Category: スタッフのこと綱島