「例えばこんな暮らし方」

転勤族の家族

転勤族の家づくりお悩みあるある
前向きに家づくりをして
いただくための情報を掲載!

転勤族の家づくりでよくあるお悩みや不明点の多いことって?

転勤のある会社に勤めているため、
同じ土地に住み続けることが困難ないわゆる「転勤族」。
転勤族の大きな悩みといえば、マイホームの購入ではないでしょうか?
ずっと賃貸に住み続けるという選択もありますが、
それだと自分の財産にはなりませんし、将来への不安を感じることも。
だからといって家を購入しても、すぐに転勤になってしまったら
せっかくのマイホームに住めないということにもなりかねません。

「くらしのたねの家」では、役立つ情報や体験を元にした暮らしのヒントなどを
ご紹介しており、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

家づくりを考える
ときのポイント

マイホームの購入を検討している転勤族にとっては、心配や不安がたくさんあります。ここでは、実際に転勤族で家を建てた人の声や役立つ情報を公開しています。ぜひ参考にしてください。

1

私たちはどんな生活・
暮らし方を
したいか
考えてみよう

あなたの
家族は
何派ですか?

暮らし方・資産価値を
比較してみよう!

家族構成例
ご夫婦(共に30歳)+お子様2人(5歳・0歳)
※ご主人が転勤のある会社に勤めている
賃貸派
戸建て派
マンション派

※表内に掲載の資産等は概算です。

賃貸派の
ポイント

転勤がある生活で
一番対応能力がある暮らし方

[ メリット ]
  • 資産を持っていないので、転勤後の資産の貸借・売買の事などを心配しなくてよい。
  • 会社より家賃補助があるなど、費用的な面で一番ゆとりがある。
[ デメリット ]
  • 賃貸なので部屋数や近隣へのプライバシーなど考えると家の中で過ごすより外に遊びに行くことが増えるでしょう。結果、娯楽費は外に出る分多くなるでしょう。
  • お子様が成長すると、友達を呼ぶ・受験勉強で自分の部屋が欲しいなど色んな思いが出てきますが、賃貸の場合はそれに対して思い通りにならない部分がでてくるでしょう。
賃貸は移動のしやすさ・手軽さなどのメリットが多いですが、お子様とどういった暮らし方ができるかという点では対応能力が低いです。独立した子どもたちが孫を連れて帰ってきても泊まる部屋がないなど、子どもの成長・老後に対しての不安が残りそうです。

戸建て派の
ポイント

住宅ローンや途中で転勤があった場合の負担はあるが、
一番お子様と充実した
暮らし方ができる

[ メリット ]
  • みんなで過ごせる十分な広さや庭もあるので、家で愉しく過ごす時間が増えて娯楽費などを抑えることができる。
  • お庭でのガーデニングや、家の中で音を気にせず映画を楽しむことができるので、趣味などが充実する。
  • 独立した子ども夫婦と2世帯も可能。建替えもできるので!
[ デメリット ]
  • 購入の価格だけ考えると、一番高いケースが多いので月々の支払いが大きくなる。(同エリアの場合)
  • 途中で転勤が発生する場合、家をどうするか検討しなければならない。
戸建ては住宅ローンなどの費用負担が大きくなるかもしれませんが、残る資産価値を考えると残るものは一番大きいです。ポイントとしては転勤があると考えて、『貸しやすい・売りやすい』立地を見極める必要があります。自由度は一番高く思いっきり楽しんでいただける暮らし方ではないでしょうか。

マンション派の
ポイント

賃貸と戸建て、両方の良さを
併せ持つ暮らし方

[ メリット ]
  • 賃貸より部屋数が多く快適に暮らせる、同じエリアだと戸建てより価格を抑えることができるので、費用負担が減ります。
  • 転勤の際、比較的貸しやすく・売れやすい傾向にあります。
[ デメリット ]
  • ローンが終わったとしても修繕積立金・管理費は毎月かかります。(修繕積立金は築年数が経つと増えます。)
  • ほとんどが建物資産になるため、資産は戸建てに比べて低い。
  • 2世帯での暮らしは部屋数など考えると難しい。
暮らし方・費用部分も賃貸と戸建ての間なので、暮らし方や費用面でのいいところ・悪いところ・将来的な部分をしっかり考えて選択する必要があります。

2

土地選び
(学区・エリア・アクセス・
施設などから)

どこに暮らすかは大きなポイントです。特に奥様にとっては日頃の近隣とのお付き合いなど、子育て中であればなおさら新しい土地にいくという事は大変なことです。できれば気軽に話ができて、相談できるコミュニケーションが場があると良いですね。

「くらしのたねの家」では、私たちの暮らしている
北長瀬エリアの役立つ情報を集めて掲載しています。

「くらしのたね」が
できること

①転勤族で家を建てた方と
実際にお話しできる
転勤族の家づくりには、転勤族だからこその心配や不安が多くあります。住宅営業マンだけでなく、転勤族で家を建てた経験者と話す機会を持ち、不安や心配ごとをざっくばらんに相談できます。
②将来的な資産価値も
考えた
家づくりのご提案
土地選びは将来のことを考えて、今までの地価状況から今後どのようになるか検討し、仮に売りに出す・貸しに出すという事も視野に入れご提案します。ミナモト建築工房は資産価値の高い場所に分譲地を造成しているので、いち早く情報をお届けできます。
③いざというとき
力になります!!
実際に家を建てた後、もし転勤になった場合はローンの事なども考えながら、貸す!? 売る!? いくらで!? などいろいろな検討が必要となります。「くらしのたねの家」は、賃貸・売却でも不動産ネットワークを使い、自社にて対応することができます。さらに建物・土地の価値を一番わかっていますので、お客様にご納得いただける適正な価格をご提案できますので、まずは気軽にご連絡いただければと思います。

実際に転勤族で家を建てた
人の声を聞いてみましょう。
同じ悩みや不安を持った方にも
共感できる、
家づくりのヒントが得られます!

CASE.1

吹き抜けのある
土間玄関

吹き抜けのある
土間玄関と、
少しでも家事・
暮らしが『楽』に!を考えた
お家づくりをしました。

CASE.2

窓のそとに緑が広がる暮らし

緑と自然素材に囲まれた、通り土間のある暮らし。
家の中でもボルダリングが愉しめる。

お問い合わせはこちらから

そのほかの暮らし方もご覧ください。

移住を検討されている方に岡山県の魅力、実際に岡山へ移住された方の声や、どんな暮らし方をされているかご紹介しています。

忙しい共働き家族のために、少しでもゆとりのある『家族の大切な時間』を生み出す工夫と実際の家族の暮らし方の紹介をしています。

ニューノーマル家族

coming soon

家時間が増える中から、家をもっと自分達らしく、今までの発想にとらわれない新しい暮らし方を紹介しています。

家づくり応援団、
くらしのたね

ミナモト建築工房が家づくりを続けてきたら、そこにはまち(地域)ができました。
くらしのたねは、そんな家とまちを暮らしの視点で紡いでいます。
『 暮らしたい家を建てる感動 』
『 暮らしたいまちに出会える奇跡 』
このウェブサイトはそんな暮らしの物語を一つずつ紹介していきます。

くらしのたねの家
3つのポイント

①ライフスタイルに
合わせたご提案

暮らし方や働き方、そして家族一人ひとりの人生のステージ。コロナ共生社会という新しい時代が幕明けし、ライフスタイル(生活様式)はますます多様化しています。くらしのたねは、家を一生の買い物ではなく、暮らしを育てる体験として、未来を豊かにする資産としてのご提案をいたします。

②くらしのたねが推奨する家の
仕様について(プロセス/スペック)

緑の庭づくり

家とまち(地域)の自然を豊かにするために、各家庭の庭に苗木を3本プレゼントいたします。次の世代のために今、私たちができることを行っています。

地元の材料

床材、化粧柱、化粧梁、造作棚などで地域材を利用。家と森林をつなぐ産地見学ツアーも企画します。

家のDIY

リビングの無垢の床を自然オイルで仕上げる。子ども部屋の家具を手作りでつくる。庭に記念樹を自分たちの手で植える。そんな家づくりへの関わり方を私たちは応援いたします。

長期優良住宅

長期にわたり構造や設備が良好な状態で使用できるようにされた住宅。長期優良住宅となった場合は、税金の優遇措置を受けられます。住宅ローン控除・不動産取得税・登録免許税・固定資産税など。

省エネ基準

省エネ性能は「BELS★5」 ※外皮平均熱還流率Ua値0.87以下、一次エネルギー消費量省エネ基準より20%削減。

③厳選された打合わせ

私たちの提案は、打合せ回数を厳選することでコストパフォーマンスを高めます。厳選された「おまかせ仕様」をベースに、お客様の「理想の暮らし」を応援します。注文住宅でもない、建売住宅でもない新しい家づくりが始まります。

くらしのたねの家は
ソフト(暮らし)と
ハード(性能)を融合した
家づくりです。

※「くらしのたねの家」は、
 株式会社ミナモト建築工房が施工します。

自分たちにぴったりな
『暮らし』を育てよう!!

自分たちにぴったりな『暮らし』を育てよう!! 『どんな暮らしがしたいか!?』から計画・土地探し・家づくりを進めるのがくらしのたねの家づくり。どこでどんな暮らしが家族にぴったりなのか、くらしのたねのある北長瀬周辺エリアの特徴や施設の紹介・公園情報など、住まいのことをはじめとする『暮らし』のすべてを相談できる『くらしのたねの家』さぁ、どんな『暮らし』をしてみたいですか!? 自分たちにぴったりな『暮らし』を一緒に育てましょう!

後ろのイラストは北長瀬周辺エリアのイメージです。『くらしのたねの家』の家づくりの考え方や暮らし方、北長瀬を中心とする岡山西エリアの情報を見られます。まずは『くらしのたねの家』をのぞいてみましょう!