中庭のあるまち
平田107

広い中庭をみんなで共有。

中庭を中心に、様々な世代の家族が、
それぞれのライフスタイルに合わせて暮らすまち。
積極的につながるのではなく、中庭を共有することで自然とつながり、
心地よい距離感を保てるコミュニティに。

管理も住民で分担。
みんなで協力しながら、
美しい緑を維持しています。

「平田107」はおかげさまで完売いたしました。

CONCEPT

決められた形の敷地に家を建てるのではなく、
「子育て環境」「自然環境」「ご近所づきあい」をキーワードに、
これから住まう人たちの思いを汲んで、ひとつのまちをつくろう。
そんな新しいカタチの家づくりを目指して、
平田107プロジェクトは始まり、完成しました。

  • 子育て環境

    昔から日本では、こどもは地域で育ててきました。ライフスタイルが多様化した現代だからこそ、こどもを中心とした街づくりが求められています。

  • 自然環境

    育てる庭があると、心が豊かになる。一人だと大変な作業も、仲間がいると楽しくなる。恵まれた岡山の風土に寄り添う暮らしを目指しています。

  • ご近所づきあい

    安心の家が軒並みをそろえる。ご近所づきあいの基本は、まず相手を知ることから。プライバシーを尊重しながら、安心できる人間関係を培っていきます。

まちづくりの流れ

プロジェクトスタート

住まう人と専門家が
暮らしについて考える
「マチづくり座談会」を開催。

子どもたちと一緒にプランの模型づくり。
大人だけでなく、子どもの意見も汲み上げ、
自由な発想で暮らしやすいマチづくりを。

模型づくり
ワークショップ
マスタープラン
説明会
平田107の会
vol.1

工事スタート

古い家屋を解体して
造成を行います。

「平田107の会」&ご近所さんで
ポットラック(ご飯持ち寄り会)を現地で開催。

ポットラック

造成完了

第一号のお宅を建築開始。
住まわれるみなさんと一緒に
枕木敷きも行いました。

堂々完成

中庭も完成して素敵なまちなみに。
枕木もきれいに仕上がりました。

その他のまちづくりも見る